フロアコーティングやオール電化で作るハッピーハウス

住宅

環境の問題

オール電化とは

オール電化という言葉は環境問題、特に地球温暖化の問題が顕著になった時に出てきた言葉です。これは東京だけでなく愛知の様な地方都市に住む人々、国民全員が考えるべき問題です。オール電化は、今までこの国ではガスと電気の両方を生活に使っていた考え方を改めで、電気だけで生活できるようにする方法です。つまり、家のお風呂を沸かす時やキッチンから出るお湯はガスで温めていましたが、それすらすべて電気で温めようという考え方です。ガスを使用しないことで二酸化炭素の発生を減らすことができるのです(電気と言えども二酸化炭素は0にはなりません)。 気になる電気代についてもオール電化にリフォームすることで安くなるのが普通です。これは、深夜時間帯に利用する契約を交わし、昼間できるだけ電気を使用しないことで安くすることができるのです。

設置費用について

オール電化は、上手に使えば年間数万円の電気代を節約することが可能という点で魅力的に感じている人も多いのです。ただ、だからと言って「じゃあうちもオール電化にしよう」と考えるのは早計です。なぜなら、設置費用についても考えなければならないからです。 設置費用は、60万円から90万円と言われていますが、これは家の大きさによっても変わってきます。この設置費用を高いと考えるか安いと考えるかは個人の主観になりますが、いずれにしても設置後数年で設置費用を回収することができるのであればオール電化にするメリットも大きいと思います。 そこで、毎年電気代をいくら浮かせることができるのかを試算して、数年で回収することが可能であればオール電化を検討してみるのがいいでしょう。その他にも住宅に敷設すべき工事としてはフロアコーティングがあります。

建設時がベスト

フロアコーティングは床材にコーティングすることで紫外線から守る作用が期待できます。他にも転倒防止など、コーティングが生むメリットは沢山あり、建設時に施工するのがベストとなります。

Read More

古くなったら直す

現在リフォームの需要は増えており、その中でもキッチンは家事で最も長い時間を過ごす場所でもあるため、キッチンリフォームは人気を集めています。ショールームでは予算や要望に応じて、様々なプランを提案してくれるので、相談してみると良いでしょう。

Read More

それぞれに適した時期

家の建て替えをすれば同じ場所に長い間住むことができますが、家の箇所それぞれに古さが出てくるのは同時期ではありません。愛知の業者に頼めば部分的なリフォームをしながら家を長持ちさせることができます。

Read More